Commander Fleet Activities, Yokosuka

CFAY Capt. Jarrett_8x10_IMG

Captain Rich Jarrett

United States Navy

Capt. Jarrett is a native of Charleston, West Virginia. He earned a commission from the United States Naval Academy in 1996.

Upon completion of graduate education at West Virginia University, he commenced his first sea assignment in USS Vella Gulf (CG 72), where he served as Strike Officer and Navigator. As a Division Officer on Vella Gulf, he deployed to the Adriatic Sea in support of Operation Noble Anvil/Allied Force and later to the North Arabian Sea in support of Operation Enduring Freedom following the attacks of September 11, 2001. He earned recognition as the COMNAVSURFLANT Junior Officer Ship handler of the Year for both 1999 and 2000.

Capt. Jarrett served as Operations Officer in USS Ross (DDG 71) from 2004 to 2005, again deploying in support of Operation Enduring Freedom. He earned recognition as the COMNAVSURFLANT Junior Officer Tactician of the Year in 2004. In 2005, Capt. Jarrett began a second department head assignment as the commissioning Operations Officer in USS Freedom (LCS 1). He sailed in the inaugural transit of the Navy’s first LCS-class ship from the building yard in Marinette, Wisconsin to Norfolk, Virginia.

Capt. Jarrett served as Commanding Officer of LCS Crew 102 from 2013 to 2015, deploying in both USS Freedom (LCS 1) and USS Fort Worth (LCS 3) to the Asia Indo-Pacific Theater of operations.

Ashore, Capt. Jarrett was assigned at Surface Warfare Officers School in Newport, RI, where he taught the Fleet’s future department heads in the subject of tactics, administration, and leadership. He has also served in the Office of the Under Secretary of Defense for Personnel and Readiness. He is currently assigned as the U.S. Fleet Forces Command Liaison Officer in Washington, DC. Capt. Jarrett is a graduate of the United States Naval War College and National War College.

Capt. Jarrett’s awards include the Defense Meritorious Service Medal, Navy Meritorious Service Medal, Navy Commendation Medal, Navy Achievement Medal, and various unit and service awards.

 

リッチ・ジャレット大佐

米国海軍

ウェストバージニア州チャールストン出身。1996年に米海軍士官学校より任官。

ウェストバージニア大学において修士課程を修了した後、USSベラ・ガルフ(CG 72)の攻撃担当士官及び航海士として初の洋上任務に就く。同船の部長の一人として、アドリア海でのオペレーション・ノーブル・アンビル・アライドフォース(連合軍アライドフォース作戦)ならびに2001年9月11日に発生した同時多発テロに応じて実行された、アラビア海北部における“不朽の自由”作戦の支援に派遣された。また、1999年と2000年には2年連続で年間大西洋艦隊水上部隊司令部最優秀操船尉官として表彰されている。

2004年から2005年にかけては作戦士官としてUSSロス(DDG 71)に乗務し、再度“不朽の自由”作戦に派遣され、2004年には年間大西洋艦隊水上部隊司令部最優秀戦術尉官としても表彰される。2005年にはUSSフリーダム(LCS 1)において再度作戦士官として就航の任に就いた。そこで、米海軍で第一号となるこの沿海域戦闘艦(LCS)を、ウィスコンシン州マリネットにある造船所からバージニア州ノーフォークまで初就航させている。

2013年より2015年までは、第102沿海域戦闘艦部隊の司令官として、USSフリーダム(LCS 1)やUSSフォート・ワース(LCS 3)に乗艦。インドアジア太平洋地域での任務にあたった。

陸上勤務にあたっては、ロードアイランド州ニューポートにある水上戦担当士官学校において将来の艦隊幹部候補らを対象に、戦術、管理、及び統率力について教鞭を執った。また、人事兼即応準備担当国防次官室での勤務経験もある。現在は米艦隊総軍の渉外担当士官としての任に就いている。米国海軍大学及び米国国防大学の卒業生でもある。

これまでに国防特別功労章、海軍功労章、海軍勲功章、海軍任務完遂章、その他、部隊や任務における功績で数々の賞を授章している。

 

Leave reply:

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s