SRF-JRMCが功績ある日本人らを退職式で見送る

文・写真:礒部良、FLEACT横須賀広報課

2016年6月29日、艦船修理廠および日本地区造修統括本部(SRF-JRMC)司令官ギャレット・ファーマン大佐が日本人退職者5名に対し、その功績や職業人生に対し式辞を述べた。(写真:礒部良、FLEACT横須賀広報課)

2016年6月29日、艦船修理廠および日本地区造修統括本部(SRF-JRMC)司令官ギャレット・ファーマン大佐が日本人退職者5名に対し、その功績や職業人生に対し式辞を述べた。(写真:礒部良、FLEACT横須賀広報課)

2016年6月29日、横須賀艦船修理廠および日本地区造修統括本部(SRF-JRMC)は、プロダクション会議室で行われた退職式において、日本人退職者5名の献身的な仕事を称えた。

この退職者たちは、艦船の修理および近代化を太平洋米海軍部隊、米太平洋艦隊に提供し、第七艦隊の艦船を常に機能できる状態に保つために力を注いできた。

「今日は、従業員のみなさん5名に対し、SRF-JRMCでの、長く傑出した職業人生に賛辞を贈るという、特別な喜びにあずかる日となりました」とSRF-JRMC司令官ギャレット・ファーマン大佐は述べた。また、退職者が部隊に対する仕事が総計で151年以上に及ぶことも付け加えた。

「みなさんが退職してしまうと、私たちにとってはこの場でみなさんの仕事を引き継ぐのは大きな課題です」とファーマン大佐は言った。「みなさんの技術や知識、献身的な仕事を補うのはきわめて困難です。」

退職者の一人、松田典子さんはセキュリティー課において通訳・翻訳職を勤めた。松田さんは32年にも及ぶ勤務中に成し遂げた成果を親しみと満足感とともに顧みていた。「私の仕事は常に多岐に渡っていましたし、いろんな側面を持ち合わせていました。勤め始めたときはSRF-JRMCは男の世界といった感じでした。でも今は、技術のあるグレードの高い女性従業員も多く活躍しています。」

松田さんは貯蔵品管理事務職として勤務したのち、管理専門職、管理事務職、そして旅行係事務職を勤めた。SRFにおいて最後となった仕事は通訳・翻訳職となった。

ファーマン大佐はまた、部隊財務部の会計職を務めたシャロン久美子さんにも謝意を表した。「シャロンさんは皆にとって優れた助言者でありお手本でした」と大佐は言った。「いつも自分の広範囲におよぶ会計の知識を積極的に人に教えてくれました。仕事に対する並々ならぬ支援や尽力は、同僚や顧客など、仕事を共にした人々からの尊敬、賞賛を集めました。」

また、クレーン管理部の索具工、岩佐武尾さんもファーマン大佐から賛辞を受けた。部隊にはおよそ25年勤め、初めはクレーン運転手だったが、索具の職に異動。

岩佐さんは長年におよぶ時の移り変わりをこう話した。「索具工として異なる重量の物に対し、数多くのチェーンホイストを使用してきました。近年では、リフターと呼ばれる特殊な装置を使うのでシャフトを取り外すのが楽になりました。こうして退職の日を迎えることができて感謝しています。」

2016年6月29日、艦船修理廠および日本地区造修統括本部(SRF-JRMC)の退職者、同僚そして司令官ギャレット・ファーマン大佐が退職式の後、写真に収まった。(写真:礒部良、FLEACT横須賀広報課)

2016年6月29日、艦船修理廠および日本地区造修統括本部(SRF-JRMC)の退職者、同僚そして司令官ギャレット・ファーマン大佐が退職式の後、写真に収まった。(写真:礒部良、FLEACT横須賀広報課)

校正工場のエンジニアリング専門職の山本直史さんも同じような気持ちで部隊に感謝の意を表した。「SRF-JRMCが海軍海洋システムコマンドからの認証取得を支援してくれたことに対してお礼を言いたいです。これがあったので、横須賀と佐世保にある船上計装システムの校正を行うことができました。」

一時的に、米空軍厚木基地の海軍航空システム司令部やその電子工場に勤めたが、1987年にSRF-JRMCで勤務を始めて以来30年以上、山本さんは力を尽くした。

パイプ取付け工、フォアマンAで岡﨑州児さんは部隊に36年以上勤めた。岡崎さんは1980年、配管銅工工場にパイプ取付け工見習いとして部隊勤務を開始。のち、1994年にフォアマンAとなった。ファーマン大佐は岡崎さんを模範的な監督者であり、特別なプロ意識をもって課題に取り組んだと説明した。

「SRF-JRMCでのもっとも楽しい思い出はUSSブルー・リッジの食堂を修理したことですね」と岡崎さんは話した。「艦長が私たちみんなを昼食に招待してくれ、楽しい時を過ごしました。」

式典の後、退職者たちは家族や同僚らとともに巡回バスに乗り込み、工場や基地の施設をこれを最後として見学した。工場では同僚たちが紙テープをバスに向かって投げ、お祝いとお別れの言葉を贈った。

Advertisements

Leave reply:

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s