SRF-JRMCのリーダーたちが2016会計年度戦略計画を作成

文・写真:礒部良、FLEACT横須賀広報課

艦船修理廠および日本地区造修統括本部(SRF-JRMC)は、2015年11月2日から6日にかけて、横須賀海軍施設のCPOクラブにおいて、2016会計年度戦略計画ワークショップを開催した。

ワークショップには、米国海軍大学院から、ジョーゼフ・J・アンドリラ退役大佐、スーザン・ページ・ホースヴァー博士、ロバート・ハドルストン退役大佐ならびにポール・T. ステームズ博士らの4名がファシリテーター(議事進行役)として参加した。

米国海軍大学院は海軍士官のための教育機関で、大学院の教育プログラムを提供・援助しつつ、米海軍および米国国防総省の能力向上に努め、100年以上、米海軍士官の高等教育の需要に応えている。SRF-JRMCのリーンシックスシグマのブラックベルト認定者も部隊の議論進行に加わった。

参加者にはSRF-JRMC横須賀の司令官ギャレット・ファーマン大佐、副司令官エドワード・カッツ大佐、佐世保分所長エリック・ウィリアムズ中佐をはじめ、SRF-JRMC上級監督者委員会(ESC)のメンバーやデパートメントヘッドや、基本労務契約(MLC)における駐留軍等労働者の上級リーダーたちも含まれた。

「この集まりの主な最終目的は、2016会計年度に私たちが達成しようとしている、部隊レベルでの戦略行動事項を作成し、それが部隊の使命、ビジョンそして基本方針との整合性が保たれるようにすることです」とビジネス アンド ストラティジック プランニングオフィサーのジェームズ・オグバーン氏は述べた。

5日間におよぶワークショップでは、メンバーらが部隊の使命、ビジョン、基本方針を再確認し、2015会計年度に得られた成果を評価した。また、2016会計年度の戦略エリアならびに実務ゴール(TG)、達成課題を特定し、最終的な形にまとめあげた。ESCのリーダーたちには、それぞれの実務ゴールが責任、計画、実行をもって確実に達成できるよう担当が決定された。

「メンバーのみなさんは責任感を持って議論に臨みました」とファーマン大佐は語った。「問題に対する、その真摯で前向きな姿勢が2016会計年度の新しい戦略計画を練るうえで必須でした。議論は率直で、自由に考えを交換しました。」

「今年の経営戦略の一つの大きな特徴は、SRF-JRMCの従業員により焦点が当てられているということです」とボイラー工場のグループマスター木全尚人さんは言う。「従来は内容が壮大で多岐に渡っていましたが、今年の経営戦略では数を大幅に減らし、現実に起きている重要な問題に協議を重ねました。」

2016会計年度戦略計画ワークショップ2日目の2015年11月3日、SRF-JRMCの上級監督者委員会のメンバーたちが小規模グループに分かれ、SRF-JRMCのリーンシックスシグマのブラックベルト認定者の進行のもと、ブレーンストーミングを行った。(写真:礒部良、FLEACT横須賀広報課)

2016会計年度戦略計画ワークショップ2日目の2015年11月3日、SRF-JRMCの上級監督者委員会のメンバーたちが小規模グループに分かれ、SRF-JRMCのリーンシックスシグマのブラックベルト認定者の進行のもと、ブレーンストーミングを行った。(写真:礒部良、FLEACT横須賀広報課)

「従業員の方が業務を遂行するうえで、何を一番問題視しているかが軸になりました」と木全さんは続けた。「現実の業務により近く寄り添っているので、従業員の方はいっそう実感が湧きやすい内容になっているかと思います。そうは言っても、それら数々の課題を一部の監督者だけで解決していくのは不可能です。従業員の方一人ひとりがこの経営戦略を十分理解し、積極的に参画していただけることを心より期待しています。」

他の参加者である、生産管理技師でMLC監督者である宮原規さんは今回のワークショップの成果について次のように述べた。

「今回のワークショップは、進め方も内容も例年とは一味もふた味も違う、大変意義のあるものでした」と宮原さんは言う。「熱意がこもり大変興味深かったと思います。MLCのESCメンバーの発言力も大きくなりました。また、以前行われたコマンド・クライメイト・サーベイ(部隊風土調査)、直前に行われた内部サーベイ、顧客サーベイなどの結果を細かく分析し、ESCメンバーやMLC監督者からの意見などをもとに、SRFにとって何を優先して解決すべきかという討議が熱く繰り広げられました。」

「それほど解決すべき重要な問題があり、それが切実に望まれているということでもありました。最終的にできあがった2016年戦略計画は、一段と現実の問題に即したものになりました。これが終わりではなく、新たに乗り越えなければならない困難な道の始まりであるということをひしひしと感じています。」

Advertisements

Leave reply:

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s