名所物見の旅 其の七拾壱:越後の名峰・巻機山で春スキーを満喫

文・写真:河辺雄二、FLEACT横須賀広報課

巻機山の概要

春の陽射しをいっぱいに浴びて、巻機山登山を楽しむ。

春の陽射しをいっぱいに浴びて、巻機山登山を楽しむ。

深田久弥の「日本百名山」に選定されている巻機山(まきはたやま)は、越後と上州の分水嶺である三国山脈の谷川岳連峰から北に延びた尾根にある標高1967メートルの名山である。巻機山は川端康成のいわゆる長いトンネルを抜けて雪国(越後湯沢)へ出なければその姿を見ることは出来ず、魚野川沿いの南魚沼からは趣のある大きくて立派な山容が眺められる。巻機と云う名は機(はた)の神様である巻機と関係があるようだが、「日本百名山」にも詳しい山名の由来はわからないとしている。

巻機山は日本百名山だけあって人気が高く、特に最近は常に多くの登山者を集めているようだ。わたしが初めて巻機山に登ったのは三十年以上も前のことで、当時は今のような百名山ブームや中高年登山者ブームにも無縁で、ましてや山ガールなんてありえない時代であったので、巻機山のようなローカルな山は、割と静かな山旅ができたのである。

山ガールならぬ山オンナ

余談になるが、昔は山ガールはいなかったが山オンナと言う存在があって、山オンナとはニッカーボッカにカッターシャツといった当時の典型的な山屋スタイルに加えて首手拭い、そして男顔負けのドでかいキスリングザックを担ぎ、夜行列車の中では通路に新聞紙を敷いてゴロ寝もへっちゃら。1960~70年代に青春を送った若い男たちの一般的な女性の理想像は、か弱く可憐なといったイメージが求められ、山オンナはどうしても引かれてしまう存在だった。しかし最近の若い男子からすると、山オンナは頼りがいのある理想的女性なのではないだろうか。生まれる時代を間違えたと、残念がっている元山オンナの中高年女性は多いかもしれない。

四季折々の巻機山登山

ニセ巻機山まで登って後を振り返れば、谷川岳などの三国山脈の山々が並んでいる。中央左の黒く尖った峰が大源太山。急峻なのでほとんど雪が付いていない。

ニセ巻機山まで登って後を振り返れば、谷川岳などの三国山脈の山々が並んでいる。中央左の黒く尖った峰が大源太山。急峻なのでほとんど雪が付いていない。

巻機山登山のシーズンは5月下旬の山開きから新雪の来る10月末までが一般的で、冬山のベテラン登山者であっても、積雪量がまだ少ない12月上旬までと移動性高気圧が通過する3月以降が適期である。豪雪地帯である巻機山の厳冬期登山はまず不可能と考えたほうがよく、強力なパーティを組んで挑戦しても、滅多にない絶好の天候に恵まれなければアタックもままならず、実力、装備、運が揃わなければ登頂は難しい。またシーズンはじめの5~6月は大きく残った雪渓が登山道をふさぎ、沢コースは通過が厄介なこともある。登山情報をチェックして出かけるに越したことはない。

巻機山は春から晩秋にかけてそれぞれ味わいある登山が楽しめ、なかでも燃えるような紅葉の素晴らしさを喧伝する人が多いが、あえてわたしは早春のよさを真っ先に挙げたい。初めて登った巻機山の雪深い頂上から、薄黄緑色に新緑萌える山麓へとスキーで滑り降りた爽快さが、忘れがたい思い出になっているからである。

早春の巻機山登山へ出発

80年代初頭の4月、相棒のA君とわたしは巻機山に春スキーに出かけた。六日町の友人宅に寄った翌日、国道291号を南下して、最奥の清水という集落まで行くと道路は行き止まりになった。道路の周囲はまだかなりの雪が残っている。清水には何軒かの民宿があって、シーズン中は巻機山への登山者を迎えるというが、この時期には登山者もほとんどいないので、民宿が営業しているのかは不明であった。ここから巻機山へは高低差1,500メートルあり、清水に宿泊して翌日の早朝に出発すれば、余裕ある登山が楽しめるはずだ。

われわれは車を行き止まりの道路に駐車して樹林に入り、30分ほど歩いたところの樹林の切れ目の開けた雪原にテントを張った。まだ少し時間的に早いが、明日に備えて英気を養っておこう。とりあえず雪をコンロにかけて溶かして、炊飯用の水を作る。各自大きな水筒二個に水を満タンにして持ってきたが、これは明日の行動中の補給用で、夕食と明日の朝食の水を確保しなければならない。A君によれば近くに小さな小川があるはずだが、すべて雪の下だという。ということはここ山麓でさえ、まだ相当の積雪が残っているということになる。

翌朝も快晴で明けた。ここ数日はよい天気が続いている。6時にテントを出発する。雪が深いのでスキーにシールをつけて歩くが、すぐに急斜面となったのでザックにスキーを括り付け、キックステップで登っていった。積雪のためどこが登山道かわからないので、見当をつけて雪の大斜面をどんどん直登する。急斜面のきつい登りを45分。後を振り返ると大源太山の尖った特徴ある峰が目と鼻の先に見える。まるで槍ヶ岳を思わせる山容だ。なおも急登が続いた後、広い雪原に出た。周囲は白銀の山並が延々と続いており、思わず歓声を上げる。巻機山がこれほど展望に恵まれたいい山だとは知らなかった。来てよかったとつくづく思う。

雪原から再び急斜面になり、凍った雪の状態が悪いので、スキー登山兼用靴にアイゼンを着け、ザックにつけてあったピッケルを取り出した。ちょっとビビリながらの登行だったが、わたしは登りよりも下りの滑降のほうがむしろ心配になった。このアイスバーン化した急斜面をうまく滑り降りられるか、あまり自信がない。まあ、最悪でも、斜滑降とキックターンを繰り返せば何とかなると思い直し、アイゼンを雪の斜面に蹴りこみながら一歩一歩登っていった。

やがて急斜面を登りきると、ニセ巻機山に出た。道標はニセ巻機山となっているが地図には前巻機山と表記され、また深田久弥の本には前山と記されている。ここからはなだらかな気持ちのよい雪の稜線を進む。こうした稜線歩きは本当に登山の楽しさを実感する。このあたりは無雪期には池塘が美しいところである。ニセ巻機山から40分ほどで巻機山の山頂に到着した。頂上一帯はまだ深い雪に覆われている。

山頂の大展望と爽快な滑降 

山頂からの展望は素晴らしいの一語に尽き、まず北西手前に魚沼の田園地帯と真ん中を流れる魚野川、北奥は新潟方面であろうか。そこから東へと八海山、越後駒ケ岳、中ノ岳と続く越後三山。その後方には奥只見の奥深い山並。そして会津駒ケ岳から平ヶ岳、燧岳、至仏岳などの尾瀬の山々と日光白根山、武尊山。南には谷川岳をはじめとする三国山脈。なかでも大源太山と万太郎山の尖峰が目立っている。志賀方面の山々の右には苗場山。その奥には北アルプスらしき白い峰々が霞んで見えている。北アルプスの手前に見える大きな山々は黒姫山、妙高山、火打山であろう。標高を下げた越後平野の中にどっしりと聳えるのは、越後の黒姫山のようだ。東頸城へ行くと、田園地帯の平野の中に、突然のように大きく盛り上がる山容が特徴の山である。ここ巻機山から眺めれば、越後は周囲の豪雪の山々から清流を集めて広大な水田が広がり、米どころ、酒どころという表現がぴったりする豊かな土地であることが理解できる。

サンドイッチとワインの昼食を楽しんだ後は、いよいよ本日のメインイベントである山頂からの滑降に挑戦するときだ。山頂からニセ巻機山までの稜線は緩斜面で滑りが悪くて苦労する。そしていよいよ急斜面に滑り出してみると、心配したアイスバーンは陽が昇ったせいで暖められてザラメ状となっており、先ほどまでの不安は杞憂に終わった。こうなればしめたもので、わたしの技術でも問題はない。ザックの荷も軽いので、ターンで振られることもなく急斜面の滑降は快適そのものであった。春スキーの楽しさを満喫しながら滑り降りる。

途中A君とはぐれてしまい、しばらく待っても来ない。しかし北アルプスの山小屋で働きヒマラヤ遠征の経験もあるベテラン山男のA君のことだし、天気は最高で視界もよいので心配あるまいと、一人テントまで滑り降りた。テントでコーヒーを沸かしてのんびりしていると、小一時間も経った頃、やっとA君が滑り降りてきた。どうしたのかと聞けば、あまりに気持ちがいいので、スキーをベットに昼寝をしていたとのこと。鷹揚な性格でクマのような髯面の風貌のA君は、都会では違和感溢れるが、こうして奥深い山に入ると自然の中に完全に同化しているから可笑しい。

忘れがたい巻機山山麓の一夜

春とはいえ、まだ山麓の樹林帯にもかなりの積雪が残っていた。しかし雪原の上に張ったテントの中はあまり寒さを感じず、快適そのものであった。

春とはいえ、まだ山麓の樹林帯にもかなりの積雪が残っていた。しかし雪原の上に張ったテントの中はあまり寒さを感じず、快適そのものであった。

その夜は楽しい春山スキー登山を祝して大宴会となった。ふつうのテント登山では考えられないような食材を担ぎ上げたお蔭で、豪華すき焼きパーティに、六日町の友人の細君が勤める銘酒八海山の差し入れで乾杯。仕上げは25年物のシングルモルトスコッチ。当時は海外旅行の折にしか手に入れることが出来ない逸品であった。

周囲が闇に包まれた頃、寝袋に入ったままテントから顔を出して夜空を眺めた。樹間に満天の星が瞬き、時折流れ星が横切っていく。寒さも気にならず、夜が更けるのも忘れてずっと見入っていた。素晴らしい思い出として、一生の宝物になるような山旅だった。

Advertisements

Leave reply:

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s